沈船もある伊豆のダイブリゾート - 菖蒲沢ダイビングセンター


海の紹介


ボートで遊ぶ

ボート

沈船

人工的に沈められた鉄製燃料船です。白い砂地の上に雄大に沈んでおり、ネンブツダイやスカシテンジクダイなどの群れが多い時は沈船を埋め尽くします。通ることができる操舵室の中や、船首などで記念撮影などはいかがでしょうか?

ボートポイント / 最大水深:24m


ボート

エビ穴

深く切り込んだ壁の割れ目にたくさんのイセエビや、迫力と美しさを見ることができる地形をメインに楽しむポイントです。奥の穴の全長は約12mで、幅は1人がやっと通ることができる程の狭さで、頭上が閉塞している上級者向けのカバーンスタイルです。

ボートポイント / 最大水深:23m

ボート

カサゴ根

大小様々な根が点在しているポイントで地形も楽しめることができます。その根には群生するウミトサカを中心としたソフトコーラルが生えており、岩の切れ間にはイセエビやコブダイ、クエなどが潜んでいます。潮当たりが良いときは大群がよく訪れます。

ボートポイント / 最大水深:26m


ボート

A

一年を通じて魚影が濃く、砂地と根が楽しめるポイントです。根にはワラサやマアジ、イサキの群れがやってきたり、根の中にはルリハタやネコザメの寝床になっています。砂地では大物と遭遇することがあり、カスザメやトビエイなどが見られます。

ボートポイント / 最大水深:22m

ボート

モングチ

大きな根が連なっており、砂地も美しく感じられるポイントです。色とりどりのソフトコーラルの群生を観察したり、砂地にはハナアナゴやサカタザメなどが泳いでいることもあります。比較的浅めなので、じっくりマクロ生物を探すのも楽しいです。

ボートポイント / 最大水深:18m



ビーチで遊ぶ

遠浅でなだらかに深くなっていく地形です。最初は大小様々根や岩が点在してあり、南西側へ行くと「イソギンチャク畑」や「エビ団地」、エントリーから約100m行くと冬には必ずと言っていい確率でダンゴウオが居つく「ダンゴ岩」や、大きな四角に削られた「トウフ岩」、そこから先には砂地が広がってあり、さらに行くと根と根の間をぬけていく「水路」などがあります。

ビーチポイント / 最大水深:16m



季節で遊ぶ

春

3~5月

透明度が悪い時期だと思われがちですが、毎日が悪いわけではなく透明度が15mを越える日もあります。数ミリのダンゴウオの幼魚や、トビエイなどの大型種なども少しずつ現れ海の中はにぎわってきます。気温は上昇してくるので、防寒対策をしっかりすれば十分楽しめる季節です。

トビエイ - 伊豆 菖蒲沢ダイビングセンター
トビエイ
夏

6~8月

ダイバーが最も多く海に潜る、春濁りが終わり水温もぐんぐん上昇する最高の季節です。黒潮に乗ってやってくる季節来遊魚のクマノミやキンギョハナダイの華やかで愛らしい姿や、回遊魚のイサキやカンパチなどの勢いよく泳ぐ姿、ビーチではウミガメが優雅に泳ぐ姿などで楽しませてくれます。

ウミガメ - 伊豆 菖蒲沢ダイビングセンター
ウミガメ

秋

9~11月

賑やかだった海は少しずつ落ち着きを取り戻していくこの時期は、水温は温かく気温は過ごしやすい伊豆でのダイビングのベストシーズンです。海の中も最も生物が豊富になり、海藻に擬態したカミソリウオやテンスの幼魚、黄色の体におちょぼ口のミナミハコフグの幼魚など楽しさは計り知れません。

テンス幼魚 - 伊豆 菖蒲沢ダイビングセンター
テンス(幼魚)
冬

12~2月

何と言ってもこの時期は透明度の良さです。ほぼ毎日のように透明度が20mを越える日が続き、海の青さを実感できます。冬のアイドルのダンゴウオやウミウシが増えてきて、マトウダイやヒラメなどは水温が低くなると元気よく泳ぎまわっています。ゆっくりのんびり楽しみたい方はオススメです。

ダンゴウオ - 伊豆 菖蒲沢ダイビングセンター
ダンゴウオ


© 菖蒲沢ダイビングセンター